ベビーシッター利用時のメリットとデメリットとは

ベビーシッター利用時のメリットとデメリットとは

最近では自分が仕事中に子供の世話を保育園ではなく、ベビーシッターに頼む方が増えてきています。


これは保育園に入りにくくなった事や、保育士不足からくる不慮の事故を回避したいと考える方が多くなった事が理由になります。


またベビーシッターには様々なメリットがありますので、それもベビーシッターを頼む方が増えた事の理由の一つになっています。

まず基本的に一対一などの少数で面倒を見る形になっている点ですが、こちらは子供の体調変化に気付きやすいと言うメリットに繋がっています。



保育園などでは保育士一人で10人を相手にするなどのケースがありますので、十分に目が届いているとは言えなくなっています。
なので急な発熱などの体調の変化にも気づくのが遅れ、大きな問題に発展すると言う事もあります。また自宅にベビーシッターを呼ぶと言う形になりますので、子供がリラックスできると言うのもメリットになっています。

基本的に子供は環境の変化に敏感で、知らない人がいる時には強いストレスを感じる事があります。

しかし自宅の場合は自分が普段から過ごしている空間になりますので、知らない人が居てもストレスを感じるケースは少なくなっています。なおベビーシッターを頼んだ際には、保育園などに預けるよりも高額になる傾向が見られます。

朝日新聞デジタルの情報が揃っています。

なので料金形態などについては慎重に判断する必要がありますし、できれば複数の口コミサイトなどで情報収集しておく事が良いとされています。



  • 生活について思うこと

    • 働く母親にとって育児と仕事の両立は大きな問題になっています。基本的には保育園などに預ける事が多いのですが、最近では保育士不足が社会問題になっていますし保育園自体の数も減少傾向にあります。...

      detail
  • これからの生活

    • 育児と仕事の両立を目指している女性は大勢いらっしゃいますが、その時には保育園などに子供を預けると言う形が多くなります。しかし子供が病気になった時や、保育園に馴染めないなどの問題が発生する事があります。...

      detail
  • 生活関係の真実

    • ベビーシッターとは親が何らかの都合で子どもの面倒を見れない場合に、親に代わって子どもの面倒を見てくれる人のことを言います。日本では馴染みが少ないですがアメリカでは一般的となっており、利用する方がほとんどです。...

      detail
  • 納得の情報

    • 子育て中の女性は、常にお子さんに気を配り続けており、なかなか一人になる時間が持てないものです。また、保育園にお子さんを預けてお仕事をしている方も多くいますが、お子さんが熱を出してしまった際などに、会社を早退しなくてはならないことも多いものです。...

      detail